長男がYoutubeで足し算を勉強している。

長男3歳がYoutubeで足し算引き算を理解しつつある。英語で。

「幼児にYoutubeなんて・・・」と思っていたけれど、Youtubeは

  • 無料で
  • 楽しく
  • 英語で
  • 算数が

教えられる道具だということがわかったのでここに詳細を記録しておこうと思う。

Youtubeとの付き合い方

最初に断っておくけど、我が家は子どもに無制限にYoutubeを見せているわけではない。

我が家では「Youtube Kids」というアプリを使い、親が許可した動画のみを見られる設定にしており、必ずクロームキャストを使ってテレビに映して見せるようにしている。

「テレビにうつす」という一手間がけっこう大事で、スマホ画面をテレビに投影する設定をするついでに(こっそり)タイマーを20−30分設定し、時間になったら機械的に終了するようにして見せすぎを防いでいる。

テレビの大画面で見せるほうが目の負担もすくないし。3000円程度あれば簡単にできるので、ついついスマホでYoutube見せちゃう人はぜひやってみてね。

YoutubeKidsで見せている動画

次に動画の内容について。

幼児向けの教育チャンネルを3つほどチャンネル登録しているのに加えて、個別の動画もいくつか視聴許可している。

最初はすべての動画を個別に視聴許可していたのだけど、そうするとなぜか関連動画に許可していない動画がどんどん入ってくる。

しかも「アンパンマンのおもちゃのCM」みたいな見せたくないやつばかりね。

チャンネルごと全部許可すると、関連動画もそればっかりになるので、私はチャンネルごと許可することで解決している。

許可している動画はすべて英語だ。

「英語に親しんで欲しい」という狙いももちろんあるのだけど、それ以上に、

「英語の方がコンテンツの質が高く、選びやすい」

というのが理由だ。

例えば、長男が数字に興味を持ち始めたので、数字に親しんでほしいという狙いから、

「addition preschool」とか、「math toddler」とか適当な単語を入れてYoutube kidsを検索。

出てきた動画の中身と、チャンネルをちらっと見て良さそうなら許可。チャンネル登録人数が何十万人とあるようなチャンネルなら、安心して許可していいかな、と判断している。

とまあこんな感じで、

「英語圏の子供が何十万人も見ているであろう動画」ばっかり許可しているから、コンテンツの内容も面白い。

長男がこの頃ハマっているのが、「Numberblocks」というシリーズだ。

このシリーズを見ていると、簡単な足し算引き算が(英語が全くわからなくても)視覚的に理解できるようになる。

アンパンマンのおもちゃ動画見せるんじゃなくて、こういう面白くて少し勉強にもなるコンテンツを選んで見せたいの私は。

そしてYoutubeを遊びに応用するように

ここからのことを書きたくてここまでこの記事を書いたのだけど。

Youtubeをただボーッと見せて、楽しいねハイ終わり、じゃないの。

足し算引き算を楽しく学んだことによって、日々の遊びに、

自然に知的な活動が混ざるようになる。

これがYoutubeのすごいところだと私は思う。

自然に勉強に興味を持ってくれて、自発的に勉強するように長男3歳を仕向けられるところが。

例えば冒頭にも写真を載せた、折り紙とシール。

もちろん3歳児だからさ、折り紙をぐちゃぐちゃビリビリにしたりもするよ。

床とか自分の体にもシールを貼りまくるよ。

でも、それだけじゃなくて!!

「おかあさん、one plus two して??」とかなんとか言って、私に数字を書かせてその数のシールを貼り、計算する遊びもするようになった。

あとはブロック。

積み木とままごとの道具と洗濯バサミと細かいおもちゃを全部混ぜて滑り台の下にぶちまけ、滑り台を滑ってがっしゃーん!!

みたいな野蛮な遊びに使われることも多いブロックだけど、

決してこういう遊びを否定してるわけじゃなくて、こういう、theやんちゃ坊主みたいな遊びもたくさんやればいいんだけど、

同じ種類のブロックを集めて、

「Five plus five plus five equals fifteen!!」とか言って得意げになってたりもするわけ。

こういう遊び方もあっていい。

★☆★

「まだ3歳なのに英語で足し算ができるなんてすごい」

って書きたいんじゃないのよ私は。

足し算の概念をきちんと理解しているのかは怪しいし。ただ数字の羅列として覚えているのかもしれない。

それに今は英語の教育系の動画がすごく充実してるからたぶん誰だってこのくらいできるようになる。Youtubeさえ見せておけば。

だから英語で足し算ができるのは当たり前なんだけど、そうじゃなくて、Youtubeを見ることによって、長男が、

「足し算って面白い。自分でもやってみたい!!」って自発的に思って、ブロックとかシールとか、身の回りにあるものを使って考えながら手を動かすようになった、

っていうのがすごいなぁと思ったの。

自主的に勉強できる人間は最強

「勉強って面白い!勉強しよう!」って自分で思ってくれるようになれば最強だと私は思っている。

なので、足し算に限らず、Youtubeに限らず、勉強が面白く見える仕掛けをこれからも探していきたい。

おわり。

【合わせてどうぞ】

kirinshimauma.com

kirinshimauma.com

kirinshimauma.com

★毎日1回、クリックして応援いただけると嬉しいです★


人気ブログランキング

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

LINEでブログ更新情報をお届けしています!!下のボタンをクリックしてお友達登録していただけたら嬉しいです!!

友だち追加

 

twitter.com

↑ツイッターはこちら

東大卒主婦の頭の中

ABOUTこの記事をかいた人

東京大学を首席で卒業した(けど)専業主婦。2歳差男児2人の母。育児や家事に関するお役立ち情報を発信中! LINE@でブログ更新情報をお届けしています!お友達登録していただけると嬉しいです☆https://line.me/R/ti/p/%40hvt3910y☆