COCOpan(ココパン)プレミアで鮭の照り焼き!

おはようございます。きりんしまうま@kirinshimauma99です。

今日もCOCOpan(ココパン)プレミアの話です。

本日のレシピは鮭の照り焼き

魚の切り身は崩れやすいので、COCOpanベーシックの場合はくっつかないホイルを使って作ります。

【関連記事】鉄の取っ手なしフライパン、COCOpan(ココパン)の活用方法!

でも!今日はくっつかないホイルを敷かずに、COCOpanプレミアで作ってみました!

なお、プレミアは底の厚さがベーシックの2倍ある、厚底のフライパンです。プレミアとベーシックの違いについては、こちらの記事で詳しく取り上げています。

【関連記事】鉄のフライパン。COCOpan(ココパン)プレミアとベーシックの違いを比較してみた。

今回も料理長は主婦歴30年強のベテラン、きりんしまうまの母です。

COCOpanプレミアで鮭の照り焼きを作る

まず、小麦粉をまぶした鮭の切り身を焼く

しっかり油をひいて熱したCOCOpanに、小麦粉をまぶした鮭を並べます。

で、しっかり両面を焼いて、中まで火を通します。

裏返したところです。いい焼き色がつきました。

小麦粉がすごく油を吸うので、裏返した時に油を少し追加しました。

中まで火が通ったら、いったん鮭をお皿に取り出しておきます。

焼き上がったところ。焦げ目がおいしそう。

味付けはこれからです。

続けて照り焼きのタレを作る

鮭を取り出したあとのCOCOpanで照り焼きのタレを調合します。

醤油、酒、みりん、砂糖をお好みの配合で混ぜて、火にかけます。

弱火で煮詰めながら、先ほどの鮭を投入し、タレをからめて出来上がり!

お皿に盛り付けて完成!

はい、簡単ですが以上です。その後つけあわせの野菜も盛り付けたけど写真取るの忘れました。。。それはともかく、

鮭はふっくら柔らかく焼き上がっていて、とっても美味しかった!

写真の通り、きれいな焼き色もつきました。

焦げ付いたり、身が崩れてしまうこともなかったし、文句なしの出来栄えでした。

きりんしまうまときりんしまうまの父、母、夫、息子の総勢5人でおいしく楽しくいただきましたとさ。

最後に料理長(母)から一言

鮭なんてくっつかないホイル敷かなくても、楽勝楽勝!小麦粉しっかりつけたしね。

でも、小麦粉がすっごい油吸っちゃったから、結構たくさん油が必要ね。

今はみんなヘルシー志向で油は嫌われるから、油のいらないテフロンのフライパンを使うのかもしれないわねぇ。

だそうです。油をしっかり使えば、魚の切り身も楽勝で焼けました

最初にしっかり油をひいて、さらに鮭を裏返したあとも油を追加して、と、確かにたくさん油は必要ですね。おいしいんですけど、気にする人は気にするかも。

今日もCOCOpanはこれ。28センチのプレミアを使っています。底面積が広く、大きめの鮭の切り身が6切れ、一度に焼けましたよ!

おしまい。

★清き1票をお願いします★

↖こちらをクリック!
人気ブログランキング

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

LINE@でブログ更新情報をお届けしています!!下のボタンをクリックしてお友達登録していただけたら嬉しいです!!

友だち追加

東大卒主婦の頭の中

コメントを残す