【コープデリ・おうちコープ】生協の宅配のデメリットは「注文したものが一週間後に届く」という独特のスピード感です。

おはようございます。きりんしまうま@kirinshimauma99です。

先日、生協の宅配が便利だよ!って書いた話の続きです。

生協の宅配、便利な点もたくさんあるのですが、もちろん「ちょっと使いにくいなぁ」と思う部分もありますので、今日は生協のデメリットに焦点をあてて書きたいと思います。

きりんしまうまが感じる生協のデメリットは大きく分けて2つです。

  1. 注文の締切が配達日の1週間前なので、何を注文したか忘れてしまう
  2. 冷凍庫が食品でいっぱいになりがち

まあ、使いにくいなぁと言いつつも、デメリットよりもメリットの方が上回っているからこそ、2年以上も続けているのですが。

でも、デメリットについてもきちんと見ておくことで、より生協で注文するイメージがつかみやすくなると思いますので、今日はそれを書いていきますね。

①注文の締切が一週間前なので、何を注文したか忘れてしまう

インターネットで注文する場合は5日前くらいまで受け付けてもらえるのですが、どちらにしろ、注文してから商品が届くまでにかなり間があいてしまいます。

なので、何を注文したか忘れます。注文したことをうっかり忘れて、商品が届く直前に同じものを買っちゃったりします

キャベツを重複して買ったことに気づいたときのやってしまった感といったら・・・!

まあ、何を注文したかは自動的にメールで届くようになっているので、メールをしっかり見ればいいだけなのですが、注文したものが多いと見落としがちなんですよね。

きりんしまうまは重複して買ってしまうことに懲りたので、生協では基本的に生鮮品を買わないことにしています。

肉や野菜、魚を買うのはスーパーで。

半調理品や冷凍食品は生協の方が品揃えが豊富なので生協で。

ただし毎週必ず使う、牛乳、納豆、豆腐は生協で自動的に配達してもらえるように登録しています。

このように、買う食品の種類を生協とスーパーで分けることで、きりんしまうまは重複買いを避けられるようになりました。

②冷凍庫が食品でいっぱいになりがち

生協も普通のスーパーのように、結構モノの値段は変動します。冷凍食品もしかり。

で、冷凍食品って日持ちするから、「安い時にたくさん買っておこう!」という心理が働くんですよね。

だから安売りの後は冷凍庫がパンパン。ものを探したり、出し入れしたりが億劫になります。

でも、ついつい買っちゃいます。だって安いし、冷凍庫に常備されてたら便利だし、食べきれないことも絶対ないから。こればっかりはもうどうしようもないなぁと思っています。

買いすぎて冷凍庫に入らない!という事態にならないようにだけは気をつけています。

まとめ

以上見てきたように、生協のデメリットとしてきりんしまうまが感じるのは、

  1. 注文の締切が1週間前なので、何を注文したか忘れてしまう
  2. 冷凍庫が食品でいっぱいになりがち

の2つです。普通のスーパーで買うものと生協で買う食品の種類をしっかり分けたり、買いすぎに気をつけることでまあ便利に使ってますので、工夫すればこれらのデメリットを上回るメリットを享受できるかなぁと思います。

冷凍庫がパンパンになる問題も、裏を返せば、常にいろんな食べ物が冷凍庫に入ってるということで、

「何もないから買いに行かなきゃ!」とスーパーに走らなくて良くなります。なので確かに冷凍庫の使用上は不便なのですが、精神的には落ち着くものです。

そんなかんじです。「注文したものが一週間後に届く」という、生協独特のスピード感にさえ慣れてしまえば、家に食品を定期的に届けてくれるサービスというのはなかなか良いものですよ!

おしまい。

資料請求は↓こちら↓からどうぞ!


★清き1票をお願いします★

↖こちらをクリック!
人気ブログランキング

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

LINE@でブログ更新情報をお届けしています!!下のボタンをクリックしてお友達登録していただけたら嬉しいです!!

友だち追加

東大卒主婦の頭の中

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京大学を首席で卒業した(けど)専業主婦。2歳差男児2人の母。育児や家事に関するお役立ち情報を発信中! LINE@でブログ更新情報をお届けしています!お友達登録していただけると嬉しいです☆https://line.me/R/ti/p/%40hvt3910y☆