社会の中で優しさを循環させればいいよね。

昨日あったいい話。

散歩中に雨が降ってきて、知らない人が傘くれた。

っていう要約すると1行で済む話を掘り下げて書きたい。

★☆★

雨じゃない日はほぼ毎日、長男の手をひいて次男をおんぶして散歩に行く。

午前中、9時くらいに行くことが多いかな。

一昨日は雨で行けず、昨日もあんまり天気が良くなくて、午前中は家にいたんだけど。

そしたらお昼食べたあと、ついに長男が散歩さんぽさんぽ!!って怒り出して。

ちょうど外も明るくて、しばらく雨も大丈夫そうだな、と思ったから散歩に行くことにした。

最近は暑くて散歩も短めに20分くらいで行けるコースを歩くことが多かったんだけど、昨日は曇ってて涼しくて、外に出たらすごく気持ちが良かったから、ちょっと遠くまで行っちゃったのね。

全部で小一時間かかるくらいの距離を。

傘も何も持たずに。

30分くらい歩いて、そろそろ家に向かって折り返そうか、っていうところでポツポツと雨が降りだして。

あちゃー今家から一番とおいとこだよ、と思いながら、でも傘も何も持ってないし、歩いて帰るしかないからそのまま歩いてたの。

そこから10分位の間にどんどん雨が強くなってきて。

雨宿りしようにも、周りは田んぼと家と駐車場しかないからもうどうしようもなくて。

雨降ってきちゃったねー濡れちゃったねーって長男と話しながらひたすら家に向かって歩いてたんだけど。

そしたら後ろから車が近づいて来て止まってね、

中から男の人が降りて、車のトランクから傘を出して。

「どうぞ。風邪引いちゃったら大変だから」って。

大きな紳士物の傘をくれた。

ビニール傘じゃなくて、しっかりした大きな黒い傘。

びっくりして、

「え、そんな、、、いいですよ」

「いや、どうぞどうぞ」

「でも・・・お返しはどうしたらいいですか?」

「いや、どうぞどうぞ(使ってください)」

っていうので、けっこう雨降ってたし、まだ家まで10分くらいはかかりそうだったので、ありがたく受け取ることにした。

おおきな傘だったので、私も長男も次男も全員入れて、そこからは濡れずに家に帰れたよ。

嬉しかった!!

傘をくれた人、車にベビーカーも積んでたから、自分もきっと小さい子を持つパパなんだろう。

私に傘をくれたあと、近くの駐車場でUターンして逆方向に走り去ったから、わざわざ追いかけてきてくれたんだきっと。

めっちゃ大きくてしっかりした傘もらっちゃったよ。

3人ちゃんと入れたから雨をしのげてめちゃめちゃありがたかった。

★☆★

とっさのことで相手の名前もわかんないし、車のナンバーも覚えてないからお礼のしようもないんだけど、こういうもらいっぱなしの親切って、また別の人に返せばいいよね、って思うことにしてる。

傘がなくてビチョビチョで歩いてる人を見つけたら自分の傘をあげればいい。

まったく別の困っている人を助けることで、

社会の中で優しさを循環させればいいよね。

★☆★

私は趣味で楽器を演奏するんだけど、ママ楽団に所属してて、毎週楽器と子供2人を車に乗せて、楽団の練習に行ってるのね。

田舎だから、車がないと練習に参加するのは難しい。

ここに引っ越して来た当時、私は車を持ってなかったから、毎回近所の人の車に乗せてもらって練習に参加していた。

引っ越す前は都会に一人暮らしだったから車がなくて。

その時も近所の人の車に乗せてもらって、よく一緒に練習に行った。

楽器って重いしケースに入れるとけっこうな大きさにもなるし、複数持っていくときもあるから、車が欲しい時ってすごく多い。

で、田舎に引っ越して来るまで車を持たずに、いろーんな楽団に所属して演奏活動をしていた私は本当にいろんな人に車に乗せてもらった。

車でしか行けない場所に練習に行ったり本番に行ったり。

新しい楽器を買いに、レッスンの先生と楽器屋さんに選定に行った時、そのまま先生の車で家まで送ってもらったこともある。

・・・っていう感じで、演奏活動に車が必要になる場面てほんとに多い。

だけど、私は車を持たずに10年くらい楽器を続けていたから、いつもいつも乗せてもらう側だった。

でも、ここに引っ越して来て車を持つようになり、はじめて人を乗せる側になった。

少し前にママ楽団に入団してきた人が、車を持ってなくて、0歳の赤ちゃん連れて練習に来ていて。

話を聞くと家もうちの近くだし、うちにはチャイルドシートが3つあるから、赤ちゃんも一緒に乗れる。

なのでこのごろは車にチャイルドシート3つつけて、大人2人、子供3人、楽器2台を車に満載して練習に行ってる。

車を持たない私をいつもいつも乗せてくれた方々に直接恩返しはできないけれど、別の人を乗せてあげることなら私にもできるから。

★☆★

うちの車はシエンタなんだけど、3列の座席をフルに活用して、チャイルドシート3つもつけて、毎週運転する日が来るなんて思わなかったよ。

この車は買う時に夫の父がたくさんアドバイスをくれ、がっつり資金援助もしてくれた。

お父さんに直接恩返しは難しいけれど、そのかわり、シエンタの座席をフル活用して人を乗せてあげたり、自分の子供たちにたくさん親切にして、愛情をもって育てることで返せばいいかなと思っている。

そしたら親切がいろんなとこで循環する。はず。

★☆★

「人には優しく」の本質ってたぶんこういうことだよね?

直接の見返りはなくても、みんながみんな他人に優しくできる社会になれば、社会からたくさん見返りは得られる。

いろんなひとにたくさん優しくしてもらって、しみじみ思ったよ。

長男はしばしば次男にいじわるしがち。だから、

「次男にやさしくしてね!!」ってすぐ諭しちゃうんだけど、そんなこと言ったって幼い長男にはよくわからないよね。

他人に優しくできる子になって欲しいな、って思ったら、まずは自分が子供にた~くさん愛情を注いで育てないとだな。

そしたら優しさとか愛情が循環する。

おわり。

↑読んだらポチッと押してくれたら励みになります!

友だち追加

LINE@もやっているので、↑のボタンを押してお友達登録してもらえたら嬉しいな!!

↑ブログも遊びに来てね!

twitter.com

↑ツイッターアカウントもあるよ!

東大卒主婦の頭の中

ABOUTこの記事をかいた人

東京大学を首席で卒業した(けど)専業主婦。2歳差男児2人の母。育児や家事に関するお役立ち情報を発信中! LINE@でブログ更新情報をお届けしています!お友達登録していただけると嬉しいです☆https://line.me/R/ti/p/%40hvt3910y☆