炊飯工程さえ自動化してしまえば、発芽酵素玄米はとにかく管理が楽。

 昨日の続きだよ。

kirinshimauma.hatenablog.com

 炊飯器に10万円も投資している理由。

 我が家はこの炊飯器で毎日発芽酵素玄米を炊いていて、とても満足しているんだけれども、やっぱり買う前は値段が高いこともあってだいぶ考えた。

今からその話について書いていく。

 

炊飯器に10万円は高いのか?

炊飯器はほんとに何でもよければ一万円以下で手に入る家電だ。

もっと言えば普通の鍋でだってご飯くらい炊ける。

じゃあなんでここにわざわざ10万円もかけるのか、ていうことに対する私の考え方なんだけど。

 

そもそもなんで炊飯器がこんなに普及してるのかっていう話をちょっと考えてみて欲しい。

ご飯なんて普通の鍋で炊けるし、鍋で炊いた方が細かな調整が効く。

だから自分の好みの味にするには鍋で炊いた方がむしろ簡単かもしれない。

実際、例えば私の母親は

「鍋で炊いたご飯のほうがおいしい」

と言って普通の鍋を使ったり圧力鍋で炊いたりあるいは土鍋で炊いたり。炊飯器ももちろんあるんだけど普通の鍋で工夫して炊いていることの方が多い。

 

じゃあなんで炊飯器を使うのかっていうと1番大きな理由はたぶん、

炊飯器の方が時間を選ばずに、見張ってなくても炊けるからだと思う。

タイマーをかけて好きな時間に炊き上げる事ができるし、その時間家にいなくてもいい。

この炊飯器の利便性を理解している人が多いからこそ、炊飯器っていう家電がここまで普及したんだよね。

 

私が炊飯器に10万円かけようと思ったのも多分この理由が1番大きい。

  1. 時間を選ばずに
  2. 見張りや水換えの手間とかも一切なく
  3. 発芽酵素玄米が炊ける

昨日の記事で書いたけれど、自分で何年もいろんなご飯の炊き方を調べて試行錯誤しながらやってみて、

  • 発芽酵素玄米を自分の手で炊く手間がいかにめんどくさいかとか、
  • 白米じゃなくて、玄米食を続ける意味とか、
  • 玄米を普通に炊くんじゃなくてわざわざひと手間かけて発芽させて炊いたときの味の違いとか、

そういうことが全て経験としてわかっていたからこそ、

「全自動で発芽酵素玄米が炊ける」ということの価値がいかに大きいかということがわかっていたんだと思う。

加えて、これは炊飯器だ。

たとえいろんな事情で発芽酵素玄米を炊くと言う事やめてしまったとしても、別に普通に白米も炊ける。

全くお米を食べなくなる生活っていうのはまず考えられないので、

「炊飯器買ったけど使わなかった」となる事は多分ないだろう、と考えたのも購入に踏み切った理由だ。

毎日使うものだし、まぁ1回買ったら4年ぐらいは飽きずに使えるかなと思って。

ざっくり計算で100,000円のものを50ヶ月使うとしたら、一月あたり2000円。

2年で飽きちゃったとしても4000円強。

で、我が家ではこの炊飯器を買う前から、2年ぐらいは玄米を食べる生活が続いていたので、玄米を食べる生活が続かなくなるっていうことも考えにくい。

月2000円で発芽酵素玄米が食べられると思ったら安いんじゃないかなって。

発芽酵素玄米って買うとすごく高いものだからね。 

 例えばこれとか。1パック125グラム×30パックで8000円だ。

125グラムなんて我が家の2歳児が1回で食べる量だ。夫はこの倍くらい食べる気がする。

私と次男も食べるから、家族全員合わせると1食で5パックくらい食べそう。

うちは3食発芽酵素玄米だから、30パックは2日くらいで無くなりそうだね。

これが玄米を買うとすると8000円あればまあ20キロくらい買えるかな?家族4人でたくさん食べても1ヶ月くらいもつ。

小豆の分の費用があるからそれも入れるともうすこし原価は上がりそうだけど、毎食小豆入りを食べるわけじゃないしここでは省略。

 

つまり発芽酵素玄米の状態のものを買うと2日分しか買えないけど、玄米の状態なら1ヶ月分買えるくらいの値段の差がある。

原価を比較で考えると10分の1以下。

価格で考えると8000円÷2日分×30日分=12万円。発芽酵素玄米を買って食べると、それだけで1ヶ月10万円以上になるんだ。

これくらい値段の差があるものだから炊飯器分の10万円くらいすぐに取り返せるかな、とかね。

 

まあこんな感じで最初は、

いろいろ屁理屈をつけて買ったわけです私も。

買う前にその家電の良さってよくわかんないしね。使ってみないとわからない。こればっかりはほんとにどうしようもないと思う。

 

買ってみてどうだったか

買って半年以上使って思うこと。

もちろん美味しいし、発芽酵素玄米が毎日たくさん簡単に食べられてめっちゃ満足してるんだけど、それ以上に感じたのは、

「ご飯の管理がとにかく楽」

っていうこと。これだけのために10万円の価値があったなぁと思ってるくらい。

 

玄米って、お米の状態で置いておいても虫がつきにくいし、味も落ちにくい。

精米したら虫もつきやすいしどんどん味が落ちるよね。

だからどーんと30キロとか60キロ単位で買って、置いておける。

っていう生米の管理のしやすさがまずメリットだ。

 

で、ここからが書きたいことなんだけど、

発芽酵素玄米って、炊き上げてから、

1週間ぐらい炊飯器の中で保温のまま、そのまま置いておける。

これがやってみたらものすご〜く便利。

1週間ぐらい置いておけるし、(1週間以内なら)寝かせる期間が長いほど美味しくなっていくので、要するにたくさんご飯を炊いて、常にあったかいご飯が台所にある状態をキープすればいいだけ。

  • 炊飯器に少し残ったご飯をタッパーに移して保存する手間
  • 冷凍庫のご飯の残りを確認して、新しく炊くご飯の量を考える手間
  • 冷凍庫からご飯を出して温める手間

こういうのが全部なくなる。

 

ご飯のことを考えなくてよくなる。

これがこの炊飯器でご飯を炊くようになってからわかった、発芽酵素玄米のいちばんいいところ!!

 

kirinshimauma.hatenablog.com

 

おわり。

 

↑読んだらポチッと押してくれたら励みになります!

友だち追加  

LINE@もやっているので、↑のボタンを押してお友達登録してもらえたら嬉しいな!! 

↑ブログも遊びに来てね!

 

twitter.com

↑ツイッターアカウントもあるよ!

東大卒主婦の頭の中

ABOUTこの記事をかいた人

東京大学を首席で卒業した(けど)専業主婦。2歳差男児2人の母。育児や家事に関するお役立ち情報を発信中! LINE@でブログ更新情報をお届けしています!お友達登録していただけると嬉しいです☆https://line.me/R/ti/p/%40hvt3910y☆