家電をストレスなく使いこなすには、人間が機械に合わせて生活してあげる姿勢が重要です。

おはようございます。きりんしまうま@kirinshimauma99です。

きりんしまうまは、「家事の機械化」が大好きです。

洗濯機はもちろん、食洗機やルンバ、炊飯器やヘルシオのない生活は考えられません。

いかに機械を働かせて家事を機械任せにして、自分の時間(といってもほぼ全部育児に割かれるけど)を確保するかに日々アタマを悩ませています。

で、洗濯も掃除も料理も機械に任せた生活を長く続けていると、どんな機械を使うときでも、

「この機械は何が得意で、どのような使い方をしたら、うまく能力を発揮できるのか」を考えることがとにかく一番大事だなぁということがわかりました。

食洗機が得意なのは、「高温で時間をかけて、食器をピカピカに洗浄すること」

例えば食洗機。「食洗機がない生活は考えられない!」という意見と、「食洗機、あるけど全然使ってないよ〜」っていう正反対の意見がよく対立している家電です。

「食洗機はあるけど全然使わない派」の意見としてよく聞くのが、「手で洗ったほうが早い」「大事な食器を入れたくない」というもの。

これ、食洗機という機械の特性を考えたら、至極当然の話なんです。

だって、食洗機は時間をかけて、高温で洗うことで、食器をきれいにする機械ですからね。

手で洗ったほうが早いのは当たり前。木の皿とかを洗おうとしたら傷むのも当然なんです。

だから、逆に考えると、和食中心であまりお皿を汚さないような食生活を送っている人、お気に入りの、デリケートなお皿を使って食事を楽しみたい人は食洗機をそもそも使うべきではないんです。

お吸い物を飲んだあとの漆椀なんて食洗機に入れたら最悪ですよ。そういうのは食洗機で洗うべきじゃない。手でササッと洗って拭いてしまえば5分もかからないできれいになりますから。

詳しい話は食洗機を使い倒すコツ!に譲りますが、食洗機は、食洗機に入れやすい形状で、熱に強いお皿だけを使って食事をすることでこそ、その真価を発揮するものだし、食洗機が稼働している1時間を何か別のことに使えるからこそ、便利な家電ということができるんです。

ルンバが得意なのは、床にものがない部屋の掃除

次はルンバのことを考えてみます。ルンバが得意なのは床にものがないお部屋です。

当たり前ですが、床にものが散乱した部屋はお掃除できません。

さらに言うと、細かく仕切りがあって間取りの分かれている部屋だと、一部屋ずつしか掃除ができませんが、床全体に段差のないシンプルな間取りだと、複数の部屋を一気に掃除することが可能です。

最近は家を設計する時に、「ルンバが掃除しやすいように」という要望をする人もいるようで、そういう家を「ルンバブルな家」と呼ぶんだとか。へぇ〜。

床に段差がないことや、ドアが引き戸なこと(開き戸だとルンバが入れない隙間ができてしまうため)、家具の下にルンバが入れる隙間があることなどが条件になるようですね。

機械の都合を優先した暮らしってつまりこういうことです。

でも、床にモノや段差がないことや、間取りが単純なことって、実は赤ちゃんやお年寄りの暮らしやすい家とも一致するので、赤ちゃんのいる家こそ、ルンバが活躍できるんですよ!!

調理家電にも得意料理がある

人それぞれ得意料理があるように、調理家電にだって、得意不得意があります。

例えば炊飯器が一番得意なのはもちろん、ご飯を炊くこと。

そこから派生してじっくり、ゆっくり火を通すことなら得意なので、カレーや肉じゃがなどの煮物系のおかずや、離乳食も作れます。

その反面、強火で火を通すことは炊飯器にはできないので、フライパンや、ヘルシオが炒め物や焼き物には活躍します。

各調理器具の得意分野を最大限に活かしながら、ありとあらゆる料理を機械にやらせたい。

だから、きりんしまうま家の台所は調理家電だらけになるというわけです。笑

まとめ

すべての家電を使いこなすためのたったひとつのコツは、

「人間が家電の都合に合わせてあげること!」これだけです。

食洗機対応のお皿」も。「ルンバブルな間取り」も。「洗濯機で洗えるかどうか」も服を買う時には当たり前のように考慮しますよね。

結局、人間がすべての機械よりも優れているたったひとつの理由は、その考え方や行動様式に、広い柔軟性があることなのかもしれません。

おしまい。

★清き1票をお願いします★

↖こちらをクリック!
人気ブログランキング

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

LINE@でブログ更新情報をお届けしています!!下のボタンをクリックしてお友達登録していただけたら嬉しいです!!

友だち追加

東大卒主婦の頭の中

2 件のコメント

    • コメントありがとうございます!
      「家電と上手にお付き合い」ってとてもステキな表現ですね!!
      家電を相手にする場合でも、人とお付き合いする時と同様に、相手の良いところをみてあげる。
      相手の良さを見つけてそれを引き出すような接し方をすることで、上手なお付き合いをしていきたいものです。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    東京大学を首席で卒業した(けど)専業主婦。2歳差男児2人の母。育児や家事に関するお役立ち情報を発信中! LINE@でブログ更新情報をお届けしています!お友達登録していただけると嬉しいです☆https://line.me/R/ti/p/%40hvt3910y☆