Raz-kidsを飽きずに続けるコツ3つ【勉強は継続が命】

先日この記事↓を公開したところ、「Raz-kids一緒に利用したい」という連絡をたくさんいただくので、

kirinshimauma.com

これをきっかけにまたRaz-kidsの中身を色々と見ていて。

「どうやったらRaz-kidsを1年間使い尽くせるかなぁ」

なんて考えてるので、今日はその話を。

私自身、無料トライアルも含めて1ヶ月ほど子どもたちと一緒にRaz-kidsを使ってみた。

なので、いま考えていることの整理を兼ねて、

飽きずに1年、Raz-kidsを続ける上で大事かなと思う心構えについて

3点に分けて書いてみる。

親自身が楽しむこと

Raz-kidsに限らず、子供になにか勉強させたいと思ったら、親自身がそのテーマに興味を持ち、積極的に勉強する姿勢を見せることが大事だと思う。

子どもがなんでも親と一緒にやりたがる年齢のうちは絶対ね。

Raz-kidsも3歳長男は一人でアプリを操作して好きな本を読むことはできるけど、やっぱり私と一緒に読むのがいいみたい。

1歳次男はまだ自分で操作できないから、私のスマホにアプリを入れて時々読み聞かせているのだけど、これをやってたらすかさず長男が飛んできて一緒にやりたがる。

今はまだ2人とも熱心に読んでくれるけど、そのうち見向きもしなくなったとしても、本のレベルをあげて、

私自身が英語の勉強を兼ねて読もう

と思っている。

上のレベルのものも読み上げ機能がついているから、リスニング教材としても使えるし、読解力テストももちろんあるから、英語勉強用の教材としてばっちりだ。(そもそも英語勉強用の教材だ)

まぁでも私が読んでたら多分長男もやりたがるだろうから、

私が興味を失わない限り、子どもも楽しんでくれるだろう。

だからいちばん大事なのが、親自身の興味を持続させること。

レベルにこだわりすぎず、色々な本に触れてみること

Raz-kidsで読める一番下のレベルの本は単語だけ。

英語のわからない子でも取り組みやすいかな〜と思う反面、

これすぐ飽きるなぁ。。。

と感じる。単語帳と同じことだから。延々と単語帳やるのつまらないじゃん。

実際、長男3歳も、初日こそ食い入るように見てたけど、下の方のレベルのものはもう読みたがらない。

長男にとってはレベルCやDくらいの本が楽しいみたい。

もちろんこのくらいのレベルになると、意味がわからないところも多そうだし、自分で読むことは全然できない。

でもそれでいいんじゃないかなと私は思う。

だって日本語の本だって自分では全然読めないけど、例えば3歳児に「いないいないばあ」みたいな赤ちゃん絵本を自分で読みなさい、とは言わないよね?

そうじゃなくて、例えば「ぐりとぐら」みたいなストーリーのある絵本を大人が読んであげて楽しむじゃん3歳にもなったら。

英語もそれと同じ扱いでいいんじゃないかな。

自分の興味ある本を自分で探してもらって、タブレットに読み上げてもらったり、親が読んであげて、

「意味のわからないとこも多いけど、面白いぞ」と子どもが思ってくれたら。

日本語の本だって多分子どもはそうやって楽しんでる。

日本語の本でも意味なんてよくわかってないものも多そうだけど、意味のわからないなりに何回も何回も読んだら、だんだん分かるようになってしまうのが子どものすごいところだ。

だから大事なのは、

「いい加減でも、意味がわからなくてもいいから、レベルにこだわらず楽しい本を見つけていっぱい読む」

ということ。(意味はまあ10年後くらいかけてだんだんわかるようになればいいか、くらいの気持ちで私はやっている)

逆に言うと「意味がわからなくちゃ面白くない」と感じるような年齢の子どもにRaz-kidsで英語を始めよう、ていうのは少し無理があるのかも。

次からの話にも関連するけど、そういう子にはYoutubeとかで英語に親しむきっかけを作ってあげたほうがうまくいくと思う。

Raz-kids専用端末を作ること

最後に。

タブレットやパソコンでRaz-kids以外にも子どもが色々遊べてしまうと、Raz-kidsは負ける。

特にYoutubeはダメ。

どう頑張ってもRaz-kidsはYoutubeに勝てない。子どもは本より動画が好きだ。

私はYoutubeでも英語の教育チャンネルばっかり見せているんだけど、それでも子どもはYoutubeばかり見る。一緒のタブレットに入れておくと。

なので我が家は古いiPadを子供用にしてるんだけど、「スクリーンタイム」という機能を利用して、Raz-kids以外のアプリを起動できないようにしている。

カメラとか写真フォルダの閲覧とかも子どもが延々と遊んでしまうから禁止だ。

ただ、Raz-kidsはオフラインだと使えないので、オフラインの時用に、英単語帳アプリは2つほど入れている。(単語帳だったらそんなに面白くないからか遊び過ぎない。)

だから、Raz-kidsを継続したいなら、

Raz-kids以外の面白いコンテンツを遮断する工夫

は必要だと私は思っている。

まあ勉強部屋に漫画は置かない、みたいなルールと一緒。Raz-kidsも面白いは面白いけど、娯楽的なものには当然負けるから。

YoutubeはRaz-kidsとは分けて、テレビで見ればいい。

まとめ:Raz-kids専用端末で多読しよう

以上。

結局Raz-kidsは本だからさ、日本語の本と同じようなスタイルで楽しめれば成功。

  • まずは親自身が興味を失わないこと
  • 意味はわからなくてもいいから、興味のある本をたくさん読むこと
  • 動画やゲームの誘惑を断ち切ること

この3つを気をつければ1年くらいは子どもでも続けられそう。

Amazonのキンドル専用端末をわざわざ買う人の気持ちがRaz-kidsをやって改めてわかったよ。

本しか読めない環境を作るのが大事。そして一緒に読んであげるのも大事。

Raz-kidsに限らず、

子どもに読書好きになってもらうコツ

とも言えるよねこの3つは。

脱線するけど、我が家は子どもを連れて家族4人で2週に1度、図書館通いをしている。日本語の本もたくさん借りて読んでもらえたら、というのが狙いだ。Raz-kids日本語版は図書館で!

★☆★

Raz-kidsに話を戻してまとめると、Raz-kidsは

親が積極的に環境を整えて、関わっていかないと続かない教材

だとは思う。

だからそういう面倒臭さは多少あるんだけど、それがまた私がRaz-kids好きな理由でもあって。最後にその話を書いて終わりにする。

Raz-kidsしかできないようにしておくと、タブレットを使う時間をコントロールしやすいんだよね。30分もやれば飽きるから、自主的に終わりにしてくれるってこと。

これがYoutubeだと、子どもが熱中しすぎるから時間管理が大変。タブレットの使いすぎは目にも悪いし、Youtubeばっかり見てたら頭も悪くなりそう。

なので、

  • 子どもが興味を示してくれ、
  • 3歳にもなれば一人で操作もできて楽しめて、
  • だけど熱中しすぎない(だから逆に言うと環境を整えるのが大事)

っていうのがRaz-kidsのいいところ!

おわり。

★毎日1回、クリックして応援いただけると嬉しいです★


人気ブログランキング

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

LINEでブログ更新情報をお届けしています!!下のボタンをクリックしてお友達登録していただけたら嬉しいです!!

友だち追加

twitter.com

↑ツイッターはこちら

東大卒主婦の頭の中

ABOUTこの記事をかいた人

東京大学を首席で卒業した(けど)専業主婦。2歳差男児2人の母。育児や家事に関するお役立ち情報を発信中! LINE@でブログ更新情報をお届けしています!お友達登録していただけると嬉しいです☆https://line.me/R/ti/p/%40hvt3910y☆