東大を首席で卒業した主婦が教える勉強法!〜その2。耳で聞く勉強法のすすめ〜

おはようございます。きりんしまうま@kirinshimauma99です。

いや最近になって、耳で聞くことの素晴らしさを再認識しましてですね、これを勉強法その2として紹介しようかなと思って書いている次第です。

耳を制するものは学問を制する、ですよ。

振り返ってみれば通学時間の長かった学生時代、耳にイヤホンを入れて勉強している時間の長かったこと…!!

聞く勉強法なら何かをやりながらできる

聞く勉強法の一番のメリットは何かをやりながらできるということでしょう。

通勤通学中に歩きながら。家事をしながら。

あるいは教科書や参考書を見ながら、それの音読を聞くということもできます。

きりんしまうまは学生時代、通学時間が長かったのでいつも英語を聞いていました。

受験生時代、通学時間で聞く英語のラジオとハリーポッターの読書で英語の勉強をほぼ全部まかなっていたエピソードは、東大を首席で卒業した経験!で触れたとおりです。

通学時間は英語だけではなく、古文の単語も耳で聞きながら暗記してましたね。これは単語帳を見ながら、語呂合わせのCDを耳で繰り返しで聞いて覚えられる参考書を使っていました。

目で見る+耳で聞く+語呂とリズムをひたすら反復して暗記する。これをやりながら毎日通学してたわけです。

  • 読む
  • 聞く
  • 暗記
  • 通学

以上の4者同時進行。手足を動かしながら、頭と目と耳を同時に使うことができるようになると、仕事効率がぐーんと上がりますよ。

常に何かを聞こうと意識することで、勉強のモチベーションを保てる

勉強のモチベーションを保つのが簡単なのも聞く勉強法のいいところ。

机に座って、参考書開いて、ノートとペンを用意して、、、みたいな勉強法は、勉強を始めよう、という気持ちになってから重い腰をあげて準備して、ってどうしてもなりますね?

よっぽど、「さあやるぞ!」っていう気持ちになっている時はいいのですが、そうじゃない時は机に座って、参考書を開いて読み始めても、全然頭に入ってこなかったりする。

これに対して、聞く勉強法なら、例えば家事をしながら、スマホの再生ボタンを押すだけ。

再生ボタンさえ押せば強制的に教材が耳から頭の中に浸透していきますから、簡単に始められます。

そして「何かを聞きながら作業する」ことが習慣になってしまうと、「なにも聞いていないと落ち着かない」という精神状態になってきますね。そうなればしめたもの。

勉強習慣がついた、ということです。

まあ言ってみれば、電車の中でスマホ見ていないと手持ち無沙汰で何となく落ち着かない感覚、と例えればイメージできるでしょうか?

勉強というのはとかく面倒くさいもの。毎日勉強した方がいいのは頭ではわかっているんだけど、モチベーションが続かない。

こんな悩みを抱えている人はぜひ、何も考えずにスマホの再生ボタンだけ押す、「聞く勉強法」、はじめてみてください。

英語のラジオに耳を傾けてリスニングの練習をするか、キンドルの読み上げ機能を利用して読書するか、スマホゲームに興じるか、はまあ個人の自由なのですが・・・。

情報があふれる現代社会こそ、勉強によって格差が広がる

最後に考えてほしいのはこれね。勉強しない人は競争に負ける。騙される。

いまはインターネット上にすごくたくさんの情報が溢れていて、これを上手に取り込んでいかないと時代の変化に取り残されるよってこと。

よく考えずに変な情報を信じ込んでしまったら、だまされる危険性もありますが、、、。

まあ何をするか、何を信じるかは個人の自由です。

今はなにかにつけて「個人の自由〜」なんて言って他人が面倒を見てくれない時代ですからね。まずは自分がしっかり社会の中で自立して生きていく必要がある。だから自由を謳歌するっていう裏には必ず競争が生まれて、厳しい側面もある。

話を戻しましょう。あらゆる情報が簡単に手に入る時代になりました。

例えばきりんしまうまが今やっているように、ブログ立ち上げて、発信する方法。

怪しげな情報の例としては、「インターネットを利用してすぐに10万円の収入を得るやり方」とかね(これも実は少し調べたら怪しくもなんともなく、ホントに簡単にできちゃうんですけど)。

こういうのが、いくらでも無料の情報を拾ってくるだけで入ってきます。

できるかできないか、じゃなくて、情報に耳を傾けるか傾けないかの違いでしかないですからね。

英語のラジオでも、キンドルの読み上げでも、YouTubeの勉強用教材でも、なんでも構いません。今はインターネット上に山のように無料の勉強教材が転がっています。

興味のあるものを拾い上げて、耳が空いている時間を使って、聞く習慣をつけてみてください。

まあ、今はそもそも情報の量が多すぎるので、「どの情報を拾うか」っていう選択がそもそも難しいのは否めませんが。何をやるにせよ、最初はわからないですからね。

だ・か・ら・こ・そ!!

勉強法その1に立ち戻ってください。まずは「時間をかけて、量をこなす」んですよ。

【関連記事】東大を首席で卒業した主婦が教える勉強法!〜その1。時間をかける〜

え?そんな無責任なコト言わないでくれ?

・・・では「情報の取捨選択の基準」ついて、次回のテーマとして取り上げたいと思います。お楽しみに!!

おしまい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

LINE@でブログ更新情報をお届けしています!!下のボタンをクリックしてお友達登録していただけたら嬉しいです!!

友だち追加

★清き1票をお願いします★

↖こちらをクリック!
人気ブログランキング

東大卒主婦の頭の中

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京大学を首席で卒業した(けど)専業主婦。2歳差男児2人の母。育児や家事に関するお役立ち情報を発信中! LINE@でブログ更新情報をお届けしています!お友達登録していただけると嬉しいです☆https://line.me/R/ti/p/%40hvt3910y☆